拝啓 平成様

拝啓   平成 様

桜もすっかり満開になり春本番の中、いかがお過ごしですか。
今の天皇陛下が発表されてから、世の中はずっと「平成最後ムード」でしたね。
貴方がこの世に生を受けたのは約31年前、今は亡き小渕元総理が掲げた平成の文字が新聞の紙面を飾りましたね。

私はそれより少し前、昭和の終わりに生を受けました。
物心ついたときには、既に貴方は当たり前の絶対的存在として世の中に広く知れ渡っていました。

私が子供の頃、親と共に笑い、涙し、喜び、悲しんだときも、貴方はいつも壁に掲げられたカレンダーから、そして新聞から、見守っていましたね。

初めてゲームをしたり、
初めてお菓子を作ったり、
初めて独り暮らしするようになったり、
初めて東京で暮らしたり、
初めて人を好きになったり、
数え切れないくらいの初めてを、貴方のもとで経験しました。

そして、初めて取った免許でも、貴方は見守っていました。

ちょうど去年の終わり頃、私は免許を更新しに行きました。
平成35年という表記を見て、そんな日は来ないんだと思うと、とても切なくなりました。

先日、役所に行きました。
明治・大正・昭和・平成という順番の書類に、いつも右から二番目だと思って○をつけていたのですが、新しく令和がありましたね。
自分の年号が真ん中にあるのは、少しむず痒く感じました。

私にとっては、親と同じくらい、貴方はいつまでも変わらないものだと思っていました。

でも、時は流れ、時代は変わります。
親が年を取っていくように、私が年を取っていくように、貴方も、あと2日で終わりを迎えます。

昭和に比べたら約半分の期間しかなかったけれど、同じ時代を一緒に生きた私にとっては、貴方は何事にも代えがたいものです。

令和という響き、漢字は未だに慣れません。
きっと、昭和から平成に変わるときも、世の中の人はこう思っていたんでしょうね。
そして、今平成に慣れ親しんでいる私のようにいつの間にか令和に馴染んでいくんでしょうね。

私は貴方が大好きです。

貴方の世代に色々なことがありました。
地震もありました。消費税が出来ました。
世の中が目まぐるしい発達をしました。
思い返すと、この31年、色々とありすぎて書ききれないし、何故か涙が出てきます。

いつか私が年を取って、令和に生まれた子達に平成という時代がどういうものだったかを説明することがあれば、きっと、辛いことも楽しいこともいっぱいあった時代だったと、充実したいい時代だったとそう答えると思います。


31年間、本当にありがとう。
これから会えなくなるのは寂しいけれど、あと残りたった2日なのがすごく寂しいけれど、きっと令和もいい時代になると信じています。いい時代に、私達が作ってゆきます。

平成さん、ありがとう。長い間、お疲れ様でした。


敬具

気にしすぎる性分はどうにかならないものか。

毎日毎日、どこかでテロが起こったり、凶悪な事件が起こったりする中で、それを目にしたり、耳にしたりするたびに、心の中に鉛が溜まってゆくみたいに重くなる。
心が重い時って、体も重くなる気がする。
何かをやりたいけど気力が出ない。
ご飯を食べなきゃいけないけど作る気力がない。
それでも体を引き摺って仕事には行く。
そして仕事をしていると嫌なことがあって心の中に鉛が溜まってゆく。

どう考えても悪循環なのに、どうして世の中の摂理ってこうやって決まってるんだろう。


私は昔から白黒はっきり付けたい性分で、物事にある理由を必ず知りたいと思ってる。
事件の裏になにがあったかとか、この原因は何、など。

自分でも考えても無駄なのだと、わかっているんだけど。わかっているんだけども、解決しないと自分の中でずっとモヤモヤがたまる。

今は目の前の板に指先で二三言入力すれば世の中のあらゆるニュースを見ることができる。
でも私は、その情報の渦に巻き込まれて、洗濯機のようにぐるぐるかき混ぜられて、かと言って洗濯されるわけではなく、情報過多な状態でビショビショのまま脱水もせずに放置されている、そんな気分。

こんなに世の中が荒れていたら、そりゃ永遠に目覚めたくなくなるよな、と近頃は思う。

たった一歩違うだけですぐあちらの世界に行けるのに、それでも行かないってことは、何かしらの未練か何かが自分の中にあるんだろうけれど。
ただ惰性で生きているようなきもするけれど。

それでももう少し、いろんな情報から目を瞑りたい。嫌なことを受け入れなきゃいけないのはわかってるけど、もう疲れたよ。

付録を気に入ってハーバリウムボールペンを自作してみた

近年、雑誌の付録は飽和状態である。
道を歩けばポーチに当たる、と言っても過言ではないくらい付録にポーチがついていた時代があった。

今でこそ既製品と同じようなクオリティのポーチがついているけれども、数年前は「入れたものの形がそのまま浮き出る魔法のポーチ」と化していたものである。

そしてポーチ時代が終わり、トートバッグにバトンタッチされた。
すれ違う人が全く同じ薄くて大きなトートバッグを持って闊歩する姿を見て、街を歩く何も知らない人たちはさぞかし「え?あれ流行ってるの?」という気持ちだったであろうと思う。

私も勿論闊歩する側で、家には山のように付録のトートバッグがある。付録のトートバッグがありすぎて、付録のトートバッグを付録のトートバッグに入れて収納している。もはや本末転倒である。

そして気づくのだ。

「トートバッグは飽きたな」

もれなくそれに気づいた出版社側が次に打ち出してきたもの、それはコスメである。
コスメに関しては「お高いブランドコスメを気軽に試したい派」と「雑誌の値段でいろんな種類の化粧品が入っているのにお得さを感じる派」があるように思う。
コスメに関しては大きく分けて2つの付録に分類される。ブランドの名前を冠したメイクパレット(リップ、チークと2つに使える!マスカラ付き!等)と、ブランドで実際に出している商品のサンプル増量版である。

私は中国製が肌に合わないので、後者の場合はよく買うことが多い。ただ、後者は付録としてつく可能性が少ない。
そして思うのだ。「何か目新しく、かわいくて実用的な付録はないかなぁ」


前置きが長くなりました。
というわけで、つい先日出版された付録に初のハーバリウムボールペンがついたわけである。
ボールペンは今まで付録としてついていたことがあったけれども、ジェットストリーム一択の私の心は揺れることはなかった。

だがしかし、ハーバリウムである。
ハーバリウムボールペン、である。
ハーバリウムって最近なんか流行ってるやつじゃね?と思い情報を見て即買い。
なるほど現品は可愛らしい。
赤い花で統一されたハーバリウムは、ボールペンの上でゆらゆらと揺れ動いて癒やしの効果も絶大である。

そして私は思ってしまった。「もっとどぎつい色味の、蜷川実花風の花のハーバリウムボールペンも欲しい」と。


まずは何を用意したらいいのかそこからである。
ハーバリウムボールペン 自作と検索すれば出てくる出てくる、キットがどのお店からも販売されている。大体一本1000円弱でオイルと花とボールペンのセットになっている。ちなみに付録だった雑誌は800円である。雑誌安くね?

とりあえず評価の良さそうなお店でポチる。
届いたものはバラバラになったボールペンと透明の筒、オイルと花である。

(花の色が薄い…)

そうなのである。私はあまり気にしないで買ってしまったが、花はランダムで選べないところだったため、私のペン軸の色に合わせたあわーい色味をつけてくださったことには感謝したい。が、私の好きなカラーは蜷川実花カラーである。

とりあえずペンを寝かせつつ、色々なお店を巡ってみるも、所詮私はただポチるだけの女、全くドライフラワーを見つけられなかった。

結局キットの花で納得させ、いざ作成することにする。

まずはオイルを少し筒に垂らし、ドライフラワーを少量入れる。ピンセットで慎重に入れる。オイルの中でドライフラワーがゆっくりとオイルを吸収して花開く。思ったより色味が出た、これはいいぞ。私はどんどん花とオイルを追加していく。

そして満杯になり、蓋を締める。
蓋を締める作業はこのペンを作る中でかなり難しいらしく、レビューでも締まらないという言葉を多く見ていたため、すんなりと吸い込まれる蓋に拍子抜けした次の瞬間、シャンパンのコルクよろしくスポーンと飛んでいった。
唖然である。小さいパーツかつ、私の部屋が汚いためどこに行ったか必死に探し見つける。信じられないことにこれを三回位繰り返し、ようやくすんなりと蓋が閉じた。さすが先人のいうことは聞くべきである。

接着剤をたっぷりと垂らし、これが乾いたら今度はペン先と接着しなくてはならない。
実はこの工程も「ペン先と結合しない」とレビューで大荒れであった。

不安である。
もう一つ不安なのは、乾かしている間このハーバリウム部分がぶっ倒れないかという心配である。

完成するまでもう少しだが、結論として。

雑誌のハーバリウムボールペンは買い(この苦労を考えたら割ときれいな完成品を手に入れてまずは癒やされて見てほしい)
そして、割と作る作業はドキドキハラハラしつつも楽しかった。

年末に、いい思い出ができたと思う。

25年前のこと。

今日も今日とて、地震のことを考えています。
震災があったときから、一日も考えなかった日はありません。

今日は客観的に胆振東部地震のことを知りたくて、検索バーにそのまま入力。

写真等が出てくるかな、と思ったんですが、一番上にウィキペディアが出てきました。
そうか、ウィキもう作られたんだな。

中身を見てみると、時系列であの日のことが詳細に載っていて、とても長く感じたけれどたった一週間弱の話だったんだなと改めて思いました。

自分の住むところは震度5弱
過去震度7地震があったのはあの有名な阪神大震災
それを考えると、本当に恐ろしいなと思いました。

そして、過去に一度だけ大きな揺れを経験したことがあったことも思い出しました。

北海道南西沖地震
平成5年のことです。まだ小学生なのではっきりとは覚えていませんが、いつも揺れないうちが大きく揺れたことを覚えています。
その後の津波で多数の死者が出てしまったことも、連日報道されていました。

その地震よりも大きな震度の地震を経験したんだな、と思い、当時に、まだ人生めちゃくちゃ長いであろうに大きな地震を2回も経験してしまったということは、まだまだ地震に遭う確率は高いと言えます。

備えをしなくては、と思っているのに、また日々忙殺されて忘れていってしまう。
忘れないようにしよう、あのときの大変さを。

一ヶ月。

北海道胆振東部地震から、今日で一ヶ月です。

震災直後の電気が使えないストレスから解き放たれて、牛乳や納豆がようやく朝早く並ばなくても買えるようになり、あっという間に元の生活に戻ったような気がします。

私はツイッターもやっているのですが、震災直後にパニックになる私に、熊本の地震で被災されたフォロワーさんから『すぐ元通りの生活になるよ』とリプライを受けたときのことを思い出しました。

本当にすぐ元通りになったなと思うと同時に、いろんなことがちょっとずつ違ってきたなと思いました。

まずは地震に怯えるようになったこと。
今までは正直札幌市なんて揺れても2くらいで、私は特に疎くて気づかないことばかりでしたが、この震災があってから僅かな揺れでも『揺れている!』と気づいて、どうか収まりますように、と祈るようになりました。
この記事を書いている前日には、緊急地震速報が鳴り響いて揺れましたね。
会社だったのでまだ取り乱さずにすみましたが、心の中では怖くて仕方なかったです。

次にものを買うことに対して躊躇がなくなりました。
いつ死ぬかわからないから好きなものを買っておこう、という気持ちと、もう手に入らないかもしれない、買っておこうという気持ちと、多分震災のストレスでいつもより多く買い物をしている気がします。それも、金額をあまり見ないで。

そして、疲れが取れなくなりました。
これはもう私が年だからかも知れないけれど(笑)日々ぐったりしています。震災直後よりは普段の生活に戻ったはずなのですが…。

私の住所付近は液状化もなく、土砂崩れもなかったのですぐ元通りになりましたが、清田区や厚真の方はまだ避難生活も続いているだろうし、本当に大変だと思います。被災者ながらヤフーで募金をしました。少しでも何かの支えになれば。

また、何故か最近また東日本大震災の記事を読んでいました。被災者に実際なってみると受け取り方が全然違ってずっと泣きながら記事を読んでいました。震源地が内陸だから津波はこなかったけれど、いつでもこの可能性はあったと思います。

今でも自分が被災者と言えるのかピンと来ませんが
一つ言えるのは、震災に遭った人たちは、この震災を一生、絶対に、忘れることがないということです。

これからもう二度と来ませんようにと私が願ったところで地球は生きているからいつまた来てもおかしくはないです。
それまで後悔のないように生きるしかない。
被災で亡くなった方々に心からご冥福をお祈りします。
そして私も含め、皆様ご自愛ください。

こういうことになって初めて気づく。

北海道胆振東部地震からもう、一週間以上経とうとしています。

あんな大きな揺れがあったのに、ものの数日で周りは普通の状態に戻ろうとしています。

勿論、まだ液状化が発生しているところが直っているわけでもなく、北電の電力が十分に足りているわけでもなく、街の景色はいつもより暗いです。

それでも、前に行っていたお店に行けば、食べるものがある。
お金を出せば買うことができる。
牛乳や納豆、豆腐はまだ私のタイミングでは買うことができないけれど、少しずつ復興に向かっている。

正直、あの大きな揺れのあと、一番困ったのが停電で、その後電気が復旧してからまるで地震がなかったときのような生活に戻った気がしました。
私の住んでいるところは、幸い建物の崩壊などのない地域なので、余計に。

それでも、未だに思い出します。
地震が起きたあとの真っ暗な街中。
信号すらついていない、なんの物音もしない外。
震える手で自転車の鍵を開けて、あてもなく走らせて。
コンビニが開いていることに安堵して。
真夜中の時間帯なのにごった返していて。
充電器以外に何を買えばいいかわからず、カップ麺とコーヒーを一つずつ買って。
レジで見たこともない店員さんが制服を着ずに(おそらく休日だけど出勤したのでしょう)暗い中非常灯でレジを売ってくれて。
ひとまずコーヒーを飲んで近くの別のコンビニに行って。
何重にも並ぶ列に並んで。
レジが動かず電卓で計算してくれる店員さんと話して。
ようやく明るくなって。
急いで知人に安否確認をして。
実家に戻って、みんなの無事を確認して。
食料を求めて何軒も何軒もスーパーとコンビニとドラッグストアをはしごして。
真っ暗な中で母が土鍋でご飯を炊いてくれて。
ろうそくの明かりでご飯を食べて。
21時には布団に入って。
何十年かぶりに地元の小学校(避難所)に行って。
電気がついたとき嬉しくて。


本当に、まるで昨日のことのように思い出せる。
そして、どれだけの人に救われたかわかる。
セブンイレブンの店員さん、自分たちも被災していたのに売ってくれてありがとう。
セイコーマートの店員さん、電気か通らないのに色々売ってくれてありがとう。
トライアルの店員さん、ありがとう。

その他にもいっぱいいっぱい、あのとき関わった方、すべての方にお礼を言いたいです。
商品を売ってくれてありがとう。
皆さんのおかげで、なんとか生活できています。
本当にありがとう。

私が今できることは、そこで買うこと。
さて、買い物行ってくるか。

一週間。

北海道胆振東部地震から、今日で一週間が経とうとしています。

北海道はようやく落ち着いてきました。
ですが、生活は一変しました。

震災当初から落ち着いていた道民ですが、私はかなり焦り、精神的におかしくなっていたと思います。

テレビで「未曾有」「激甚災害」「被害総額150億円越え」等、この地震関連のニュースを見るたびに、辛く、苦しい気持ちになります。

大好きな北海道がどうしてこんなことになってしまったんだろうと、地震が起きてから数え切れないくらい考えました。

テレビでは節電のお願いが繰り返し流れています。
正直なところ、北海道全域を停電にさせた北電の責任を追求してほしいところですが、今は本当に日々なんとか生きていくだけです。

いつも新鮮な牛乳がすぐに手に入った北海道、今ではスーパーをはしごしても一本も手に入りません。
庶民の味方、納豆。納豆の棚はいつも空です。
他にも漬物類、卵、もやし、パン、足の早い野菜類は軒並み品切れです。
そして、売られている野菜は震災前の倍近い値段になっています。

すべてについて怒りや悲しみや憎しみがあるけれど、それをカバーするほどの気力もなく、仕方ないと言い聞かせながら生きています。

これを見ている方は、どうか防災の備えをしてください。そして、防災の心構えをしてください。

どんなところでも、どの都道府県でも震災は来る可能性があります。
私も震災前日までは、翌日に被災者になるとは思いもしませんでした。
みんな、その可能性があるんです。
だからこそ、備えと防災意識は大事なんです。

本当はもう二度と他の地区でもこんなことは起こってほしくありませんが、残念ながら日本は地震大国なので、どんなことが起こってもおかしくありません。どうか備えを。

ちなみに、私が必要だなと思ったもの一覧です。

・懐中電灯(光を見るだけで安心できます)
・ラジオ(情報源であり、言葉を聞いているだけでも安心します)
・それぞれの電池予備(この震災の翌日にどの店からも電池が全て消えました。ボタン電池しか残っていませんでした)
カップ麺(同じく、震災当日から品切れになりました)
・水(出ない場合があります)
スマホ用充電器(電池式で。充電式は充電するPCも使えません)
スマホ用充電アダプター(避難所では用意はありません。用意のあった区役所、市役所は最大4時間待ちでした。こういった状況の時の4時間は長く感じます。)
・ガソリンを満タンにしておく(ガソスタの行列で知人は7時間待ちだったそうです。シガレットライター用充電コードをもっていればスマホの充電もできます)
・ある程度の現金(停電時、ICカードを使えないお店が多いため)

今、北海道では急いで牛乳の生産及び納豆の生産をしています。
また、苫東発電所も急いで修繕しています。
みんな、一刻も早くもとの生活に戻れるように頑張っています。
毎年、半年は雪に埋もれながら逞しく生きてきた道民なので、きっと今回も乗り越えると思います。

最後に、今回の地震で被害に遭った方々に心から御冥福をお祈り申し上げます。
そして、色々と物資を送ってくださった友人に、心から感謝申し上げます。

一刻も早く、日常が戻り、道民と、そして北海道に観光に来る方の笑顔が見られますように。